北野天満宮へ初詣

2016-01-03 (日) 16:12 投稿

1月2日、北野天満宮へ初詣に行って来ました。嵐電の北野白梅町駅から徒歩数分で北野天満宮に到着。

北野天満宮

人が多くてなかなか進まない。
北野天満宮

スポンサーリンク

楼門には、縦約2.3m、横約3.3mの巨大な絵馬が飾られていた。
北野天満宮楼門に絵馬

参道や境内の牛をなでる人が多くいました。
北野天満宮の牛

社殿の前には、三光門を超えるほどの長い行。
社殿前から長い列

別ルートへ注意書き。
別ルートへ注意書き

北野天満宮では、オリジナルのおみくじもあります。
オリジナルおみくじ

招福の梅の枝「思いのまま」も授与されています。
思いのまま

説明によると(一部抜粋)

思いのまま

梅は古くより無病息災、疫病邪気払いの信仰が伝えられ、特に北野の境内神域で育った梅は天神さまの御神徳が宿ったありがたき縁起物と考えられてきました。

1月に入ったばかりなのに、もう梅の花が咲き始めていました。開花した梅につられて蜂もやってきた。
梅の花

1月2日~4日は、筆始祭(2日)・天満書(2日~4日)。
筆始祭

北野天満宮ご祭神の菅原道真公は、書の三聖の一人に数えられる事から、書道の上達を願い書き初めが行われています。

天満書(てんまがき)。
天満書

出品料200円・用紙1枚50円・大筆1本1000円。
天満書

絵馬所では、子どもから大人まで、おもいおもいの文字を書いていました。
絵馬所

奉納(出品)された作品は、展示され、審査表彰されます。

1月2日~3日は、長五郎餅も出張していた。
長五郎餅

長五郎餅

【関連ブログ】北野天満宮の梅
【関連ブログ】初天神
【京都観光研究所】北野天満宮

このエントリーを共有する

北野天満宮へ初詣関連タグ

人気エントリー


京都観光オススメ


アクセスランキング

  1. 祇園祭宵山を10倍楽しむ!
  2. 蟷螂山のかまきりおみくじ
  3. 「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光
  4. 京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)まとめ
  5. 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
  6. 京都らしい風景10選
  7. 祇園祭の石見神楽奉納
  8. 祇園祭前祭山鉾巡行2018(前編)
  9. 膏薬辻子(こうやくのずし)
  10. 京都名庭園10箇所
  11. 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
  12. 京都穴場スポット10箇所
  13. 日帰り京都観光コース(東エリア編)
  14. 京都インスタ映えスポット
  15. 子ども連れ親子オススメお出かけスポット
  16. 京都異界めぐり
  17. 山鉾曳初め
  18. 伝説の蜘蛛塚
  19. 祇園祭・鉾建て
  20. 山建て・鉾建て (後祭)
  21. 祇園祭を10倍楽しむ!
  22. 祇園祭宵宮神賑行事
  23. 祇園祭山伏山護摩焚き
  24. あばれ観音
  25. 外国人にオススメ京都観光名所10箇所
  26. 祇園祭鉾建て
  27. 義経(牛若丸)・弁慶ゆかりの地(後編)
  28. 化野念仏寺(2009年もみじ狩り)
  29. 日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編)
  30. 祇園祭・宵々々山

お得なきっぷ

京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)まとめ 京都観光で使えるお得な乗車券
京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)をまとめてみました。....
「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光 「市営地下鉄1dayフリーチケット」
市営地下鉄1dayフリーチケットを使えば、渋滞にまきこまれず、時間どうりスムーズに....
嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
嵐電(京福電車)は、京都市内に現存する唯一の路面電車です。嵐山本線(嵐山駅ー四条大宮駅)7.2kmと北野線....

日帰り京都観光コース

日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編) 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
京都で最も人気のある観光エリア、東の清水寺エリアと西の嵐山エリアを1日....
日帰り京都観光コース(東エリア編) 日帰り京都観光コース(東エリア編)
人気の清水寺~銀閣寺まで徒歩で移動、市バスで京都駅に戻るコースです。清水寺~八坂神社コースと南禅寺~銀閣寺....
日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編) 日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編)
京都駅をJRで出発、人気観光地の嵐山から京都観光ランキング10位の嵯峨野....
日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編) 日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編)
人気観光地の嵐山と世界遺産4箇所を中心にめぐり、市バスで京都駅に戻る....

最新エントリー

京都ランチ

京都ランチ

京都観光研究所

京都観光研究所