勝持寺(お花見)

2006-04-13 (木) 18:24 投稿

勝持寺は、680(白鳳8)年天武天皇の勅により創建されたのが始まりで、現在の建物は応仁の乱で消失後再び建てられたものです。

勝持寺・・・・

いや、今回は勝持寺よりもう一つの名”花の寺”と呼ぶほうが良いだろう。

花の寺は、その名からわかるように桜の名所です。

花の寺↓

花の寺

花の寺

境内には、約100本もの桜が植えられており、見渡す限り一面桜って感じです。

花の寺境内↓

花の寺

写真右奥に見える建物が、本堂の阿弥陀堂で、写真左の石段を上ると不動堂があります。

スポンサーリンク


花の寺の名の由来は、西行法師が一株の桜を植え愛でた事からその名が付いたと言われています。

西行法師が植えた桜↓

花の寺

西行桜

立て札には(要約)

『花の寺と西行桜

平安の末期、鳥羽院の北面の武士であった佐藤兵衛義清が、この寺に入って出家し西行法師となる。

西行は、ここに草庵を結び、一株の桜を植えて吟愛していた。世人はその桜を「西行桜」と称し、寺を「花の寺」と呼ぶようになり、古来から有名な花の名所として知られるようになった。』

と書いてある。

謡曲西行桜は

『桜の季節草庵を結んだ西行のもとに花見客が大勢やって来る。閑居を妨げられた西行は、桜のせいであると歌に詠む

花見んとむれつつ人の来るのみぞ
    あたら桜のとがにはありける。

すると、古木の桜の精が現れ西行に歌の真意を聞く。桜の精は、西行に読経を頼み桜の名所を語り舞う。』

といったお話です。

西行桜から更に奥に行くと”桜ヶ丘”と言う場所がある。

桜ヶ丘の桜↓

桜ヶ丘の桜

桜ヶ丘の桜

桜ヶ丘の桜もまた良い感じです。

明治の俳人高浜虚子は

『地のとどく 西行桜したしけれ』

という句を詠んでいる。

このエントリーを共有する

勝持寺(お花見)関連タグ

人気エントリー


京都観光オススメ


アクセスランキング

  1. 賀茂氏と秦氏(前編)
  2. 膏薬辻子(こうやくのずし)
  3. 「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光
  4. 賀茂氏と秦氏(後編)
  5. 京都名庭園10箇所
  6. 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
  7. 壬生寺節分大護摩祈祷
  8. 五条大橋~四条大橋~三条大橋
  9. 京都穴場スポット10箇所
  10. 京都らしい風景10選
  11. 日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編)
  12. 今宮祭おいでまつり
  13. 崇道神社
  14. 日帰り京都観光コース(東エリア編)
  15. 梅小路公園「チンチン電車」復活!
  16. 無料で堪能できる京都桜の名所
  17. あがた祭宇治神社御旅所(前編)
  18. だるま寺節分大祭
  19. 九頭竜大社
  20. 京都の三ツ星桜
  21. 坂本龍馬のお墓
  22. 子ども連れ親子オススメお出かけスポット
  23. 西山三山
  24. 初弘法
  25. 寺田屋
  26. 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
  27. 清水寺本堂の檜皮屋根葺き替え工事
  28. 秦氏について
  29. 美山春の一斉放水
  30. あがた祭宇治神社御旅所(後編)

お得なきっぷ

京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)まとめ 京都観光で使えるお得な乗車券
京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)をまとめてみました。....
「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光 「市営地下鉄1dayフリーチケット」
市営地下鉄1dayフリーチケットを使えば、渋滞にまきこまれず、時間どうりスムーズに....
嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
嵐電(京福電車)は、京都市内に現存する唯一の路面電車です。嵐山本線(嵐山駅ー四条大宮駅)7.2kmと北野線....

日帰り京都観光コース

日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編) 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
京都で最も人気のある観光エリア、東の清水寺エリアと西の嵐山エリアを1日....
日帰り京都観光コース(東エリア編) 日帰り京都観光コース(東エリア編)
人気の清水寺~銀閣寺まで徒歩で移動、市バスで京都駅に戻るコースです。清水寺~八坂神社コースと南禅寺~銀閣寺....
日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編) 日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編)
京都駅をJRで出発、人気観光地の嵐山から京都観光ランキング10位の嵯峨野....
日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編) 日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編)
人気観光地の嵐山と世界遺産4箇所を中心にめぐり、市バスで京都駅に戻る....

最新エントリー

京都ランチ

京都ランチ

京都観光研究所

京都観光研究所