平安神宮の節分祭

2010-02-04 (木) 20:57 投稿

平安神宮へ節分祭を見に行ってきました。正午から14時まで額殿で狂言が奉納されました。演目は沢山あり、席も用意されています。席の数は少ないので座って見たい方は早めに行くことをオススメします。

狂言↓

狂言

上の写真は、水掛聟(みずかけむこ)という演目です。内容は、日照りで水の無い自分の田んぼに、義理の父の田んぼから水を引き入れた事から始まります。義理の父も負けじと水を取り返す。そのうち、娘婿と義理の父が水の掛け合い、泥の掛け合い、最後は取っ組み合いのケンカへとエスカレートします。そこに、嫁(写真左手前)が駆けつけ、言われるがままに父親の足を引っ張ったり、夫の足を引っ張ったり。最後は、夫の味方をし、父が負け取り残され「祭りには呼んでやらないからな!」と負け惜しみを叫びます。なかなか、動きもコミカルで面白かったです。

スポンサーリンク

14時から節分祭のメインとも言うべき大儺之儀が始まります。大儺之儀には、吉田神社の節分祭と同じく黄金の目が4つある方相氏(ほうそうし)が出てきます。

方相氏↓

方相氏

吉田神社との違いは、直接鬼と対決してやっつけないところです。そのせいでは無いでしょうが、大儺之儀のあと鬼が応天門からやって来ます(鬼の舞)。

応天門から六匹の鬼が進入↓

応天門から鬼が進入

鬼

衣装もお面も立派で迫力があり強そうです。しかし、鬼も豆には勝てず退散します。その後、大極殿から豆まきが行われます。

豆まき

どうせなら、芸子さんがまかれた福豆が欲しい!と思い芸子さんの前まで行きましたが・・・・・・始まってしまえば大混乱で何が何やら・・・ ( ̄Д ̄;A

福豆

でも、何とか5袋取れたので良かったです。

このエントリーを共有する

平安神宮の節分祭関連タグ

人気エントリー


京都観光オススメ


アクセスランキング

  1. 膏薬辻子(こうやくのずし)
  2. 賀茂氏と秦氏(前編)
  3. 賀茂氏と秦氏(後編)
  4. 壬生寺節分大護摩祈祷
  5. 京都名庭園10箇所
  6. 義経(牛若丸)・弁慶ゆかりの地(前編)
  7. 「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光
  8. 京都らしい風景10選
  9. 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
  10. 秦氏について
  11. 日帰り京都観光コース(東エリア編)
  12. 義経(牛若丸)・弁慶ゆかりの地(後編)
  13. 九頭竜大社
  14. 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
  15. 法住寺の大根だき
  16. ヤマタノオロチと松尾大社
  17. 京都の歳時記(冬)
  18. 京都の節分
  19. 古知谷阿弥陀寺へのアクセス
  20. カリカリ博士
  21. 京都観光で使えるお得な乗車券まとめ
  22. 初弘法
  23. 子ども連れ親子オススメお出かけスポット
  24. 通し矢
  25. 五条大橋~四条大橋~三条大橋
  26. 京都五山送り火
  27. 京都嵐山花灯路2021
  28. 京都桜の穴場
  29. 伝説の蜘蛛塚
  30. 初ゑびす(招福祭)

お得なきっぷ

京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)まとめ 京都観光で使えるお得な乗車券
京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)をまとめてみました。....
「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光 「市営地下鉄1dayフリーチケット」
市営地下鉄1dayフリーチケットを使えば、渋滞にまきこまれず、時間どうりスムーズに....
嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
嵐電(京福電車)は、京都市内に現存する唯一の路面電車です。嵐山本線(嵐山駅ー四条大宮駅)7.2kmと北野線....

日帰り京都観光コース

日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編) 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
京都で最も人気のある観光エリア、東の清水寺エリアと西の嵐山エリアを1日....
日帰り京都観光コース(東エリア編) 日帰り京都観光コース(東エリア編)
人気の清水寺~銀閣寺まで徒歩で移動、市バスで京都駅に戻るコースです。清水寺~八坂神社コースと南禅寺~銀閣寺....
日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編) 日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編)
京都駅をJRで出発、人気観光地の嵐山から京都観光ランキング10位の嵯峨野....
日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編) 日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編)
人気観光地の嵐山と世界遺産4箇所を中心にめぐり、市バスで京都駅に戻る....

最新エントリー

京都ランチ

京都ランチ

京都観光研究所

京都観光研究所