鹿王院

2007-09-17 (月) 14:21 投稿

鹿王院鹿王院は、嵐山エリアの中でも少し離れた場所(渡月橋から徒歩約15分)にあるため、訪れる人が少なめの穴場です。

鹿王院山門↓

鹿王院入り口

一見、通常拝観は出来ないのかな?と思われたが、よく見てみると人一人分のスペースが空けられていたので恐る恐る中へ入ってみる。

山門をくぐると長くまっすぐに伸びた参道が印象的でした。

鹿王院参道↓

鹿王院参道

参道を歩いて行くと拝観受付の建物が見えてきます↓

鹿王院

中に入って「すみませ?ん」と言ってみても反応が無い!通常拝観はしていないのかな・・・・・?

Σ(゜ロ゜;) これか!!

スポンサーリンク


鹿王院

鐘を鳴らすと中から人が出てきて拝観受付が完了。ちょっと一安心。ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

参拝客が誰もいなかったので、客殿からゆっくりと嵐山を借景にした庭園を眺められました。

鹿王院庭園

舎利殿↓

舎利殿

舎利殿の中では、十六羅漢図が飾られています。

客殿↓

客殿

本殿では、応永鈞命絵図(おうえいきんめいえず)という大きな地図が掲げられていました。

説明によると(要約)

『応永鈞命絵図

1426年、足利義持の命により臨川寺住持月渓が製作、天竜寺に伝わったものを鹿王院虎岑和尚が元禄年間に写したもので十五世紀はじめの嵯峨一帯の絵図である。

(中略)

現在も当時のままの位置に残るのは、天竜寺・臨川寺・鹿王院・金剛院のみである。他宗派の寺院では大覚寺釈迦堂・二尊院が現存する。

なおこの地図から大堰川に架かる天竜寺が管理していた「渡月橋」の位置は現在より約150メートル上流にあった。』

と書かれている。

渡月橋は、十五世紀はじめには現在の位置より約150メートルも上流にあり、しかも天竜寺が橋を管理していたのか! 〆(..)メモメモ

このエントリーを共有する

鹿王院関連タグ

人気エントリー


京都観光オススメ


アクセスランキング

  1. 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
  2. 「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光
  3. 京都らしい風景10選
  4. 京都インスタ映えスポット
  5. 京都観光で使えるお得な乗車券まとめ
  6. 賀茂氏と秦氏(前編)
  7. 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
  8. 日帰り京都観光コース(東エリア編)
  9. 京都名庭園10箇所
  10. 京都異界めぐり
  11. 賀茂氏と秦氏(後編)
  12. 京都穴場スポット10箇所
  13. 古知谷阿弥陀寺へのアクセス
  14. 膏薬辻子(こうやくのずし)
  15. 秦氏について
  16. 秋の京都
  17. 義経(牛若丸)・弁慶ゆかりの地(前編)
  18. 京都紅葉の穴場
  19. をけら詣りと除夜の鐘
  20. 義経(牛若丸)・弁慶ゆかりの地(後編)
  21. 五条大橋~四条大橋~三条大橋
  22. 「嵐電1日フリーきっぷ」名所めぐり
  23. トロッコ列車と保津川下り(後編)
  24. 京都御所一般参観
  25. 御香宮神社
  26. 時代祭(室町時代列)
  27. 西山三山
  28. あがた祭宇治神社御旅所(前編)
  29. 北山ハロウィン

お得なきっぷ

京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)まとめ 京都観光で使えるお得な乗車券
京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)をまとめてみました。....
「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光 「市営地下鉄1dayフリーチケット」
市営地下鉄1dayフリーチケットを使えば、渋滞にまきこまれず、時間どうりスムーズに....
嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
嵐電(京福電車)は、京都市内に現存する唯一の路面電車です。嵐山本線(嵐山駅ー四条大宮駅)7.2kmと北野線....

日帰り京都観光コース

日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編) 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
京都で最も人気のある観光エリア、東の清水寺エリアと西の嵐山エリアを1日....
日帰り京都観光コース(東エリア編) 日帰り京都観光コース(東エリア編)
人気の清水寺~銀閣寺まで徒歩で移動、市バスで京都駅に戻るコースです。清水寺~八坂神社コースと南禅寺~銀閣寺....
日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編) 日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編)
京都駅をJRで出発、人気観光地の嵐山から京都観光ランキング10位の嵯峨野....
日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編) 日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編)
人気観光地の嵐山と世界遺産4箇所を中心にめぐり、市バスで京都駅に戻る....

最新エントリー

京都ランチ

京都ランチ

京都観光研究所

京都観光研究所