広沢池の鯉揚げ

2015-12-07 (月) 12:14 投稿

師走に入ると、京の冬の風物詩鯉揚げ(こいあげ)が広沢池(ひろさわのいけ)で行われます。4月に稚魚を千数百匹放流、12月までに40cmほどに成長するそうです。鯉揚げは、12月初旬に始まり12月下旬まで続きます。

鯉揚げ

鯉揚げ

スポンサーリンク

今年(平成27年)は12月5日からです。
鯉揚げ

その場で鯉を買うことが出来ます。こいキロ1000円・ふなキロ1000円・ふな(大)キロ1200円・もろこキロ3300円・えびキロ3300円
鯉揚げ

水拭きされた広沢池
広沢池

広沢池

鳥が獲物を狙っている・・・
広沢池

看板の説明によると(一部抜粋)

広沢池は、大分県の「初沢池」、奈良県の「猿沢池」とともに数えられる日本三沢の一つとして古くから有名な農業用のため池です。

広沢池は、広さ13ha、周囲約1.2km、貯水量約15万tに及びます。毎年、池の水抜き、コイやフナを収穫する師走の風物詩「鯉揚げ」が行われますが、「水拭き」の本来の目的は、池底に溜まった泥を洗い流すことにあります。

さらに、冬の間の「池干し」によって、太陽光と酸素にふれた池底の微生物が泥を分解してくれます。

これらは、広沢池を千年以上も守ってきた、先人から受け継がれた伝統の農業技術であり、今も池の水を用いる農家によって行われています。

洛西土地改良区(水土ネット洛西)

広沢池の北側には、かつて遍照寺というお寺があったらしい。
広沢池

大覚寺と隣接する大伽藍だったそうで、応仁の乱で衰退、江戸時代に嵯峨広沢西裏町に再建されたそうです。

このエントリーを共有する

広沢池の鯉揚げ関連タグ

人気エントリー


京都観光オススメ


アクセスランキング

  1. 京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)まとめ
  2. 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
  3. 京都らしい風景10選
  4. 「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光
  5. 日帰り京都観光コース(東エリア編)
  6. 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
  7. 京都名庭園10箇所
  8. 京都穴場スポット10箇所
  9. 京都異界めぐり
  10. 膏薬辻子(こうやくのずし)
  11. トロッコ列車と保津川下り(前編)
  12. 京都インスタ映えスポット
  13. 日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編)
  14. オススメ!京都紅葉コース
  15. オススメ!京都紅葉の名所10箇所
  16. 賀茂氏と秦氏(前編)
  17. トロッコ列車と保津川下り(後編)
  18. 子ども連れ親子オススメお出かけスポット
  19. 亀岡祭 宵々山
  20. 五条大橋~四条大橋~三条大橋
  21. 賀茂氏と秦氏(後編)
  22. Go To トラベルおすすめ京都観光スポット
  23. 北山ハロウィン
  24. 日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編)
  25. 終い天神
  26. 京都の年末年始
  27. 京都嵐山花灯路2014
  28. 義経(牛若丸)・弁慶ゆかりの地(前編)
  29. 義経(牛若丸)・弁慶ゆかりの地(後編)
  30. 京都のイルミネーション

お得なきっぷ

京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)まとめ 京都観光で使えるお得な乗車券
京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)をまとめてみました。....
「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光 「市営地下鉄1dayフリーチケット」
市営地下鉄1dayフリーチケットを使えば、渋滞にまきこまれず、時間どうりスムーズに....
嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
嵐電(京福電車)は、京都市内に現存する唯一の路面電車です。嵐山本線(嵐山駅ー四条大宮駅)7.2kmと北野線....

日帰り京都観光コース

日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編) 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
京都で最も人気のある観光エリア、東の清水寺エリアと西の嵐山エリアを1日....
日帰り京都観光コース(東エリア編) 日帰り京都観光コース(東エリア編)
人気の清水寺~銀閣寺まで徒歩で移動、市バスで京都駅に戻るコースです。清水寺~八坂神社コースと南禅寺~銀閣寺....
日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編) 日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編)
京都駅をJRで出発、人気観光地の嵐山から京都観光ランキング10位の嵯峨野....
日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編) 日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編)
人気観光地の嵐山と世界遺産4箇所を中心にめぐり、市バスで京都駅に戻る....

最新エントリー

京都ランチ

京都ランチ

京都観光研究所

京都観光研究所