美山秋の一斉放水

2015-12-01 (火) 22:26 投稿

美山かやぶきの里秋の一斉放水を見に行ってきました。美山かやぶきの里では、毎年春と秋の2回、放水銃の点検をかねて一斉放水が行われます。

前回、春の一斉放水を見に行った時には、車で2時間ほどかかりましたが、新しいトンネルが開通していて、少し早く着く事ができました。

放水は13時30分から約5分間行われます。

サイレンが鳴り一斉放水開始!
秋の一斉放水

秋の一斉放水

秋の一斉放水

あいにくの雨でしたが、多くの人が見に来ていました。

今回は、前回の春の一斉放水では見られなかった中国人観光客までいました。こんな京都の山奥まで・・・Σ(゜◇゜ノ)ノ

スポンサーリンク

美山かやぶきの里 秋の一斉放水

ryotaroさん(@kyotokk)が投稿した動画 –

再びサイレンが鳴り、放水終了!

放水が終わると、いっせいに観客が帰り始めます。

いっせいに帰る観客

いっせいに帰る観客

せっかく、遠くまで来たのでかやぶきの里を歩いてみる。たとえ、すぐに帰ったとしても大渋滞に巻き込まれるだけです。

郵便ポストとかやぶきの風景は、郵便局の年賀状ポスターにもなりました。
美山かやぶきの里

美山かやぶきの里

放水銃
放水銃

水圧で屋根が開き放水銃が出てきます。
放水銃

放水銃

一斉放水は、見に来る人は多いですが、場所が広いので見やすいです。

【 開催日 】5月20日・12月 1日
【 開催時間 】13時30分~
【 公式サイト 】 京都 美山ナビ
【 関連ブログ 】 春の一斉放水

このエントリーを共有する

美山秋の一斉放水関連タグ

人気エントリー


京都観光オススメ


アクセスランキング

  1. 「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光
  2. 京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)まとめ
  3. 京都名庭園10箇所
  4. 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
  5. 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
  6. 京都らしい風景10選
  7. 京都穴場スポット10箇所
  8. 膏薬辻子(こうやくのずし)
  9. 京都インスタ映えスポット
  10. 日帰り京都観光コース(東エリア編)
  11. 日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編)
  12. 梛神社神幸祭
  13. トロッコ列車と保津川下り(前編)
  14. 子ども連れ親子オススメお出かけスポット
  15. 外国人にオススメ京都観光名所10箇所
  16. 東林院の沙羅双樹
  17. 京都異界めぐり
  18. 嵯峨祭(前編)
  19. 下御霊神社還幸祭
  20. 梅小路公園「チンチン電車」復活!
  21. 「嵐電1日フリーきっぷ」名所めぐり
  22. 美山春の一斉放水
  23. 義経(牛若丸)・弁慶ゆかりの地(後編)
  24. 賀茂氏と秦氏(前編)
  25. 京都探索記(洛北)
  26. 賀茂氏と秦氏(後編)
  27. グルメ
  28. トロッコ列車と保津川下り(後編)
  29. 五条大橋~四条大橋~三条大橋
  30. 京都ご利益めぐり(恋愛成就・縁結び)

お得なきっぷ

京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)まとめ 京都観光で使えるお得な乗車券
京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)をまとめてみました。....
「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光 「市営地下鉄1dayフリーチケット」
市営地下鉄1dayフリーチケットを使えば、渋滞にまきこまれず、時間どうりスムーズに....
嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
嵐電(京福電車)は、京都市内に現存する唯一の路面電車です。嵐山本線(嵐山駅ー四条大宮駅)7.2kmと北野線....

日帰り京都観光コース

日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編) 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
京都で最も人気のある観光エリア、東の清水寺エリアと西の嵐山エリアを1日....
日帰り京都観光コース(東エリア編) 日帰り京都観光コース(東エリア編)
人気の清水寺~銀閣寺まで徒歩で移動、市バスで京都駅に戻るコースです。清水寺~八坂神社コースと南禅寺~銀閣寺....
日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編) 日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編)
京都駅をJRで出発、人気観光地の嵐山から京都観光ランキング10位の嵯峨野....
日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編) 日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編)
人気観光地の嵐山と世界遺産4箇所を中心にめぐり、市バスで京都駅に戻る....

最新エントリー

京都ランチ

京都ランチ

京都観光研究所

京都観光研究所