新日吉祭

2009-05-25 (月) 1:12 投稿

新日吉祭を見に新日吉神宮へ行って来ました。新日吉神宮は、後白河法皇が法住寺殿を造営の時、近江の日吉大社の神を勧請したのが始まりと伝えられています。

境内をウロウロしていると狛犬(?)ならぬ狛猿が目に入ってきました。

猿

Wikipediaによると

『山王信仰

山王信仰(さんのうしんこう)とは、比叡山麓の日吉大社(滋賀県大津市)より生じた神道の信仰である。日吉神社・日枝神社(ひよしじんじゃ、ひえじんじゃ)あるいは山王神社などという社名の神社は山王信仰に基づいて日吉大社より勧請を受けた神社で、大山咋神と大物主神(または大国主神)を祭神とし、日本全国に約3,800社ある。神仏習合期には山王(さんのう。山王権現、日吉山王など)と称され、今日でも山王さんの愛称で親しまれている。猿を神使とする。

Wikipediaより』

なるほど!だから境内の狛犬(?)が猿だったのか!

ちなみに、新日吉神宮から坂を少し登っていくと秀吉のお墓豊国廟があります。関係ないけど猿つながりだ!

スポンサーリンク


新日吉祭は、神社を出発する前、妙法院門跡による法楽の儀が行われます。

法楽の儀↓

御法楽の儀
法住寺ではなく妙法院のお坊さんが来るのか・・・・

なんでだろ?

妙法院は、比叡山の延暦寺西塔の本覚院の昌雲が開いたとされる。比叡山麓の日吉大社と何かしらの関係があるのか、それともただ単に新日吉神宮と妙法院が近い場所にあるからだろうか?

ちなみに、妙法院の庫裏は、秀吉が祖先を弔うため造営したと伝えられる。関係ないけど秀吉つながりだ!

このエントリーを共有する

新日吉祭関連タグ

人気エントリー


京都観光オススメ


アクセスランキング

  1. 「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光
  2. 京都観光で使えるお得な乗車券まとめ
  3. 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
  4. 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
  5. 賀茂氏と秦氏(前編)
  6. 日帰り京都観光コース(東エリア編)
  7. 京都らしい風景10選
  8. 京都のイルミネーション
  9. 古知谷阿弥陀寺へのアクセス
  10. 賀茂氏と秦氏(後編)
  11. オススメ!京都紅葉コース
  12. 京都穴場スポット10箇所
  13. 膏薬辻子(こうやくのずし)
  14. 京都名庭園10箇所
  15. 護法堂弁財天(もみじ狩り)
  16. 京都異界めぐり
  17. 京都インスタ映えスポット
  18. 子ども連れ親子オススメお出かけスポット
  19. 無料で堪能できる京都紅葉の名所
  20. 義経(牛若丸)・弁慶ゆかりの地(前編)
  21. 五条大橋~四条大橋~三条大橋
  22. 京都の年末年始
  23. 義経(牛若丸)・弁慶ゆかりの地(後編)
  24. 嵐山・高雄パークウェイ
  25. 秦氏について
  26. 八坂神社・蛭子社の宵蛭子
  27. 日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編)
  28. オススメ!京都夜桜ライトアップ10箇所
  29. 京都の竹林写真をキレイに撮る
  30. をけら詣りと除夜の鐘

お得なきっぷ

京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)まとめ 京都観光で使えるお得な乗車券
京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)をまとめてみました。....
「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光 「市営地下鉄1dayフリーチケット」
市営地下鉄1dayフリーチケットを使えば、渋滞にまきこまれず、時間どうりスムーズに....
嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
嵐電(京福電車)は、京都市内に現存する唯一の路面電車です。嵐山本線(嵐山駅ー四条大宮駅)7.2kmと北野線....

日帰り京都観光コース

日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編) 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
京都で最も人気のある観光エリア、東の清水寺エリアと西の嵐山エリアを1日....
日帰り京都観光コース(東エリア編) 日帰り京都観光コース(東エリア編)
人気の清水寺~銀閣寺まで徒歩で移動、市バスで京都駅に戻るコースです。清水寺~八坂神社コースと南禅寺~銀閣寺....
日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編) 日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編)
京都駅をJRで出発、人気観光地の嵐山から京都観光ランキング10位の嵯峨野....
日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編) 日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編)
人気観光地の嵐山と世界遺産4箇所を中心にめぐり、市バスで京都駅に戻る....

最新エントリー

京都ランチ

京都ランチ

京都観光研究所

京都観光研究所