修学院離宮

2006-05-31 (水) 1:57 投稿

洛北のページに修学院離宮を追加しました。

修学院離宮は、仙洞御所でも書いた後水尾上皇が造営された離宮で、毎年数度清遊されるほどお気に召された場所であった。

修学院離宮は、桂離宮とは大きく異なり上・中・下の三つの離宮に別れています。

修学院離宮地図↓

修学院離宮地図

地図の左下が下離宮、右が中離宮、左上が上離宮で、下離宮⇒中離宮⇒上離宮の順に拝観して行きます。

それぞれの離宮は、松並木の道で繋がれています。

松並木の道↓

松並木の道

松並木の道は、明治天皇の行幸時に、馬車が通過できるよう広げられた事から御馬車道とも呼ばれています。

また、修学院離宮には田んぼがあります。

段々畑↓

修学院離宮の田んぼ

松並木の道の両側には、約8万?の田んぼが広がっています。

スポンサーリンク


中離宮の客殿の杉戸には、鯉と祇園祭山鉾の絵が描かれています。

客殿↓

客殿

鯉の杉戸↓

鯉の杉戸

この見事に描かれた鯉は、夜な夜な泳ぎに出る為、杉戸に網をかぶせたそうです。

よく見ると網の一部が破れている↓

鯉の杉戸

祇園祭山鉾の杉戸↓

祇園祭山鉾

祇園祭山鉾の杉戸には、放下鉾岩戸山が描かれている。

放下鉾?↓

放下鉾?

岩戸山?↓

岩戸山?

現在のものとはだいぶ違います。

また、客殿には天下の三大名棚の一つ霞棚がある。

霞棚↓

霞棚

霞棚

壁には、修学院八景を詠んだ和歌と漢詩が見える。

ちなみに、天下の三大名棚の後の二つは桂離宮の桂棚と醍醐三宝院の醍醐棚です。

修学院離宮は、紅葉の季節が最も美しそうです。

このエントリーを共有する

修学院離宮関連タグ

人気エントリー


京都観光オススメ


アクセスランキング

  1. 京都名庭園10箇所
  2. 京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)まとめ
  3. 「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光
  4. 日帰り京都観光コース(東エリア編)
  5. 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
  6. 京都らしい風景10選
  7. 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
  8. 賀茂氏と秦氏(前編)
  9. 日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編)
  10. 子ども連れ親子オススメお出かけスポット
  11. 膏薬辻子(こうやくのずし)
  12. 日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編)
  13. 京都異界めぐり
  14. 京都穴場スポット10箇所
  15. 秋の京都
  16. トロッコ列車と保津川下り(前編)
  17. 賀茂氏と秦氏(後編)
  18. 時代祭(室町時代列)
  19. 「嵐電1日フリーきっぷ」名所めぐり
  20. 京都インスタ映えスポット
  21. 嵐山・高雄パークウェイ
  22. 桂離宮当日参観
  23. 知恩寺秋の古本まつり
  24. 秦氏について
  25. トロッコ列車と保津川下り(後編)
  26. 五条大橋~四条大橋~三条大橋
  27. 京都ご利益めぐり(恋愛成就・縁結び)
  28. 梅小路公園「チンチン電車」復活!
  29. シルバーウィーク
  30. マンガ×アニメ×京都イラストマップ

お得なきっぷ

京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)まとめ 京都観光で使えるお得な乗車券
京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)をまとめてみました。....
「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光 「市営地下鉄1dayフリーチケット」
市営地下鉄1dayフリーチケットを使えば、渋滞にまきこまれず、時間どうりスムーズに....
嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
嵐電(京福電車)は、京都市内に現存する唯一の路面電車です。嵐山本線(嵐山駅ー四条大宮駅)7.2kmと北野線....

日帰り京都観光コース

日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編) 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
京都で最も人気のある観光エリア、東の清水寺エリアと西の嵐山エリアを1日....
日帰り京都観光コース(東エリア編) 日帰り京都観光コース(東エリア編)
人気の清水寺~銀閣寺まで徒歩で移動、市バスで京都駅に戻るコースです。清水寺~八坂神社コースと南禅寺~銀閣寺....
日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編) 日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編)
京都駅をJRで出発、人気観光地の嵐山から京都観光ランキング10位の嵯峨野....
日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編) 日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編)
人気観光地の嵐山と世界遺産4箇所を中心にめぐり、市バスで京都駅に戻る....

最新エントリー

京都ランチ

京都ランチ

京都観光研究所

京都観光研究所