三室戸寺

2005-12-17 (土) 15:50 投稿

三室戸寺は、西国観音霊場10番札所です。

参道途中の看板には

『ツツジ 20,000本 見頃5月
 シャクナゲ 1,000本 見頃4月 - 5月
 アジサイ 10,000本 見頃6月』

と書いてある。

三室戸寺は、4月から6月にかけてが見頃みたいです。

山門をくくり緩やかな坂を歩くと本堂に続く石段が見えてきます。

三室戸寺

石段を登る途中には、誰が置いたのか灯籠の中に小さなお地蔵さんが・・・

灯籠↓

三室戸寺(灯籠)

三室戸寺(灯籠)

石段を上りきると本堂が見えてきます。

スポンサーリンク


本堂↓

三室戸寺(本堂)

本堂前には、「勝負運の牛」なるものがある。

勝負運の牛

『牛の口中にある玉をさわると勝負運がつくと伝えられています』

と書いてある。

牛正面↓

勝負運の牛

手を突っ込んで中の玉を取り出そうにも口の方が小さくて取り出せません。

どのようにして牛の口に玉を入れたのだろうか? 

ふと横に目をやると・・・・・

横綱若乃花・貴乃花の勝運祈願手形

横綱若乃花・貴乃花の勝運祈願手形!

この頃はまだ・・・・

いや、この頃すでにかな? 

本堂を右手の方へ行くと、謡曲「浮舟」と浮舟古跡碑がある。

浮舟古跡碑↓

浮舟古跡碑

立て札には(要約)

『謡曲「浮舟」は、夫薫中将と兵部卿宮(匂の宮)との恋の間に揺れ迷う女性浮舟を描いた源氏物語(宇治十帖記)である。』

と書いてある。

更に右手に進んでいくと三重塔が建っている。

三重塔↓

三室戸寺(三重塔)

春に機会があればまた来ようと思う。

このエントリーを共有する

三室戸寺関連タグ

人気エントリー


京都観光オススメ


アクセスランキング

  1. 京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)まとめ
  2. 「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光
  3. 京都名庭園10箇所
  4. 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
  5. 日帰り京都観光コース(東エリア編)
  6. 京都らしい風景10選
  7. 京都穴場スポット10箇所
  8. 賀茂氏と秦氏(前編)
  9. 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
  10. 膏薬辻子(こうやくのずし)
  11. 日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編)
  12. 日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編)
  13. 京都異界めぐり
  14. 子ども連れ親子オススメお出かけスポット
  15. トロッコ列車と保津川下り(前編)
  16. 秋の京都
  17. 賀茂氏と秦氏(後編)
  18. 「嵐電1日フリーきっぷ」名所めぐり
  19. トロッコ列車と保津川下り(後編)
  20. 時代祭(室町時代列)
  21. 京都インスタ映えスポット
  22. 嵐山・高雄パークウェイ
  23. をけら詣りと除夜の鐘
  24. シルバーウィーク
  25. 梅小路公園「チンチン電車」復活!
  26. 知恩寺秋の古本まつり
  27. 秦氏について
  28. 桂離宮当日参観
  29. 西山三山
  30. 九頭竜大社

お得なきっぷ

京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)まとめ 京都観光で使えるお得な乗車券
京都観光で使えるお得な乗車券(フリーきっぷ)をまとめてみました。....
「市営地下鉄1dayフリーチケット」渋滞しらず観光 「市営地下鉄1dayフリーチケット」
市営地下鉄1dayフリーチケットを使えば、渋滞にまきこまれず、時間どうりスムーズに....
嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所 嵐電でめぐるオススメ観光名所10箇所
嵐電(京福電車)は、京都市内に現存する唯一の路面電車です。嵐山本線(嵐山駅ー四条大宮駅)7.2kmと北野線....

日帰り京都観光コース

日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編) 日帰り京都観光コース(清水寺エリア⇒嵐山エリア編)
京都で最も人気のある観光エリア、東の清水寺エリアと西の嵐山エリアを1日....
日帰り京都観光コース(東エリア編) 日帰り京都観光コース(東エリア編)
人気の清水寺~銀閣寺まで徒歩で移動、市バスで京都駅に戻るコースです。清水寺~八坂神社コースと南禅寺~銀閣寺....
日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編) 日帰り京都観光コース(西エリア嵐山⇒嵯峨野編)
京都駅をJRで出発、人気観光地の嵐山から京都観光ランキング10位の嵯峨野....
日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編) 日帰り京都観光コース(西エリア世界遺産編)
人気観光地の嵐山と世界遺産4箇所を中心にめぐり、市バスで京都駅に戻る....

最新エントリー

京都ランチ

京都ランチ

京都観光研究所

京都観光研究所